僕が生徒に教える英文ライティングの方法

英作文は、英語学習において最も上達が難しい部分です。また、日本では自信を持って英語のライティングを教えられる先生が市場にあまりいません。しかし、ビジネスシーンやアカデミックな世界では、英語のライティングは重要です。特に、大学や国際的な企業で働きたいのであれば、ライティングスキルは非常にプロフェッショナルである必要があるのです。 今回は、私が10代の生徒さんやキッズの生徒さんに教えている、英語のライティングを上達させる方法をご紹介したいと思います。


僕はこれまで、香港や日本で多くの生徒たちに英作文を教えてきました。なぜライティングが苦手なのかというと、学校生活であまり文章を書かないこと、また先生が添削の仕方を知らないことが原因です。学校の先生の中にも、英語を書くことに問題がある人がいるかもしれません。


僕のレッスンでは、毎週100字以上書くように指示し、早く書けるように訓練しています。生徒さんに書いてもらったら、文法の間違いや文章の間違いを説明し、適切な内容の言葉を書いてもらうようにしています。ライティングは先生の力を借りないと、なかなか自分では上達しないものです。


また、生徒にはいろいろなトピックを与えて、書いてもらうようにします。時には、食べ物のレシートを書いてもらうこともあります。時には物語を書くこともあります。時には、時事問題についての解説を書くこともあります。最近では、15歳の生徒に、都会と田舎に住むことの長所と短所について書いてもらいました。


時々、友人と冗談で「英語を話すことは友人を驚かせるためだが、英語を書くことは成績や仕事の機会のためだ」と言うことがあります。より良い学校、より良い会社に入りたいのであれば、手遅れになる前に、お子さんにも、あなたにも、英語のライティングにもっと力を入れることを強くお勧めします。


(16歳の日本人の生徒さんからのIELTSライティング )

16歳の日本人の生徒さんからのIELTSライティング
16歳の日本人の生徒さんからのIELTSライティング

こんにちは、アンディです。1987年にイギリス領香港で生まれ、英語の学士号を取得し、TESOLの資格を保持しています。10年以上英語を教えており、現在は日本でオンライン英会話の個人レッスンをしています。私の生徒は主に日本、香港、台湾、イギリス、オランダに住んでいます。また、私は沖縄のあるグランドハンドリングエージェントの元ステーションマネージャーでした。私は、皆さんや お子さんに、英会話、ビジネス英語、英作文、英国訛り、IELTSを教えることができます。





お問い合わせ: (日本語/英語)

Email: andychumlanguage@gmail.com




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示