話すとき、面接のとき、スピーチやプレゼンをするときに緊張してしまいます。何かアドバイスがありますか?

外国語を話すときに緊張するのは普通のことです。特に、スピーチやプレゼンテーション、面接などフォーマルな場面で緊張することはよくあることです。これらの感情は、同じ原因である「恐怖心」を持っています。

恐怖心とは何でしょうか?

恐怖心は、次のようなものとして経験されるかもしれません。

やらなければいいのにという気持ち 気分が悪くなる、神経質になる、心配になる、不安になる 心臓がドキドキする 口の渇き 手や足が震える

言い訳 私たちはしばしば、恐怖を引き起こす可能性のあるシナリオを避けるために、言い訳を思いつきます。ここでは、よくある言い訳をいくつか紹介します。

退屈だ。 失敗しそう。 友人、家族、同僚、他人の前でバカにされる。 言わなければならないことを忘れてしまいそうだ。 緊張しすぎてしまう。 話すことがない。 日本から来たばかりで、誰も私のことを理解してくれない。

アドバイス1: 受け入れてください。

緊張していることを受け入れてください。

恐怖心は決して消えることはありませんが、時間が経つにつれて和らいでいきます。

イベントなどで人前で話す人や、俳優が舞台で演じるのを見たことがあると思います。これらの人々は皆、緊張することを経験しますが、何とかそれを克服しています。あなたも恐怖を克服することができます。

アドバイス2:完璧を求めないこと 英語のレッスンを受ける場合、コーチはあなたが完璧に聞こえることを期待しているわけではないことを思い出してください(そうでなければ、なぜ英語のレッスンを受けるのでしょうか)。

面接で質問に答えるとき、完璧な回答はできません。完璧な回答は存在しないからです。同様に、完璧なスピーチやプレゼンテーションも存在しないのです。

完璧という責任から自分を解放してください。

アドバイス3:準備する 面接・スピーチ・プレゼンの準備を徹底的にすれば、成功しないわけがない!

準備とリハーサルに時間をかければかけるほど、より良いものになります。

スピーチやプレゼンをする場合は、数時間前には披露する場所に入るようにしましょう。プロジェクター、ノートパソコン、インターネット、マイクなどの機材が使えるかどうか確認する。

スピーチ/プレゼンテーションの導入部分の準備に、より多くの時間をかけてください。

多くの研究が、プレゼンテーションの最初の30-60秒で、スピーカーの不安レベルが大幅に低下することを明らかにしています。

アドバイス4:体の緊張(と神経質なエネルギー)をほぐす コーチングセッション、面接、スピーチ、プレゼンの前にやってみましょう。

身体を目覚めさせてください。

両手で体全体を優しく叩いて、目を覚ましてください。

左腕を上に伸ばし、右側に傾けてください。右手で左脇腹を叩き、肋骨と呼吸を助ける筋肉を目覚めさせます。反対側も同じように行います。

首をぐるぐると回してください(後ろに回すときは口を開けたままにしてください)。頭を左肩のほうに傾けます。

左手を取り、右耳に当ててください。手の重さで首が伸びるようにします。下に引っ張らないように。 反対側も同じように行います。

お腹をさすってから、リラックスさせてください。

音を出しながら飛び跳ねたりしてください。

アドバイス5:ビジュアライゼーション

以下の指示に従ってください。 前向きで現実的であること。否定的な考えがある場合は、頭の中を通過させて、頭の外に出してしまいましょう

イメージが鮮明であればあるほど、成功する可能性が高くなります。

このビジュアライゼーションを定期的にリハーサルしてください。

面接やスピーチ、プレゼンをする場での自分を思い浮かべてください。

自信に満ち溢れ、リラックスしている自分を見てください。

少し緊張しているが、その緊張に打ち勝っている。

面接官や聴衆とアイコンタクトを取り、しっかりとした声で話し始めます。

面接官や聴衆があなたの話に引き込まれていくのを感じながら、自分の自信が高まっていくのを感じてください。

話し終えたときの達成感を想像してください。 インタビュー、スピーチ、プレゼンテーションを終えたときの達成感を想像してください。

ホームページ : https://www.englishwithandychum.com/ 《英会話・ライティング》アドバンスド英語個人レッスン(オンライン・対面): https://www.englishwithandychum.com/lessonsforkidsandteens 短期集中英語コース: https://www.englishwithandychum.com/intensiveenglishcourse お問い合わせ: (日本語/英語) Email: andychumlanguage@gmail.com


閲覧数:2回0件のコメント